コツとテクニックで復縁確率アップ!

小学1年生の時の友達のこと

私が小学校1年生だった頃同じクラスになった男の子の友達が普通の会話をするときにとてもどもる友達がいました。気になる方はどもり 原因こちらをご覧ください。

 

私も小さい時だったので、特別にその子のことを病気と思ったことはありませんでした。
その子は友達同士で会話をするときより授業のときに先生に当てられて何か発言するときの方がどもりがきつくなっていたことを覚えています。かなり言いたいことを言うときに時間がかかっていたことを思い出します。
身体も小さく先生には特別扱いをされていたようにも今思い出すと感じました。行ってみたいどもり 原因←クリック!

 

小学校は6年間そしてその上は隣にある中学校が3年間ずっと見てきましたが、やはりその中学を卒業するまでそのどもりは治りませんでした。どもりのほかにも授業中に席を立ち歩いたり落ち着きが無かったりしたので、いつも先生のとなりの席に座らされていました。そういう子を見てきた経験があるので、自分の子が時々どもったりするといつもゆっくりしゃべっていいよと注意してしまう自分がいるのです。